2018年2月13日火曜日

作文コンクール「都道府県別賞」受賞

★湘南作文小論文教室は、30年以上続く定評のある作文教室「言葉の森」に準拠した教室です。


 夏休みに学校からもらってきた一枚のチラシ。それは、生命保険文化センター主催の作文コンクールのチラシでした。作文を提出した全員にクルトガがもらえる、ということで、もちろん応募。そして、去年クルトガを無事にいただきました。

 それで終わったかと思っていましたが、今日学校で朝会時に先生に呼ばれ、なんと都道府県別賞の3等に選ばれ、図書券をたっぷりいただきました。

 何を書いたのか忘れてしまったとのことですが、嬉しい表彰でした。


=====
湘南作文小論文教室
授業は全てOnline作文教室 言葉の森準拠
鎌倉、逗子、葉山、横須賀エリアにて個別教室開講中
詳細はお問合せ下さい。
その他SKYPE授業、電話授業対応しております。
海外在住者もお気軽にお問合せ下さい。

お問合せ、体験授業希望の方は、こちらをクリック

2018年2月11日日曜日

責任感の拡散

★湘南作文小論文教室は、30年以上続く定評のある作文教室「言葉の森」に準拠した教室です。


 湘南作文小論文教室では、朝日中高生新聞の天声人語の課題に取り組んでいます。具体的には、毎週天声人語を読み、課題を200字でまとめて提出します。2018年1月28日の内容は、「責任感の拡散」についてでした。


 「責任の拡散」とは、衆人環視のなかで、誰からも止められないまま犯罪が行われる。通報すらなされずに。そんな事態が時折起きるのを説明する概念である。
 どうも人間は、「自分がしなくても誰かが手を貸すだろう」と考えがちな生き物らしい。人が大勢いるのに誰も何もしないのではなく、人が大勢いるから何もしない、という見方である。(岡本浩一著「社会心理学ショート・ショート」)(朝日中高生新聞2018年1月28日号より引用)

 例えば学校の廊下にゴミが落ちているのを見たとき、そのごみを拾うでしょうか?
自分のごみではないから、誰かが拾ってくれるからと思い、拾わない人もいるかもしれません。まさに「責任の拡散」です。

 湘南作文小論文教室の生徒は、自分の体験した「責任の拡散」、テニスでの試合について200字でまとめました。作文を書くだけではなく、自分の行動を見つめなおす機会にもなったようです。

 自分の書いた記事が、新聞に掲載されることは嬉しい限りです。毎週の課題を楽しんで取り組んでいます。



=====
湘南作文小論文教室
授業は全てOnline作文教室 言葉の森準拠
鎌倉、逗子、葉山、横須賀エリアにて個別教室開講中
詳細はお問合せ下さい。
その他SKYPE授業、電話授業対応しております。
海外在住者もお気軽にお問合せ下さい。

お問合せ、体験授業希望の方は、こちらをクリック

2018年1月30日火曜日

勉強は本来楽しい!

★湘南作文小論文教室は、30年以上続く定評のある作文教室「言葉の森」に準拠した教室です。

 言葉の森の通信(国内生徒)の生徒さんは、書いた作文を先生に郵送します。封筒には、コメント欄があり、お母様やお父様、そして本人からメッセージが書いてあることがたくさんあり、封筒を開けるときは、いつもワクワクしています。

 今日届いた作文には、「また楽しく書けた。」と書いてありました。楽しい勉強がいちばんですね。嬉しいコメントに今日も一日がんばることができそうです。(^^♪

 湘南作文小論文教室は、火曜日、土曜日に新規クラス開講予定です。ぜにたのしい勉強を一緒に始めましょう。


=====
湘南作文小論文教室
授業は全てOnline作文教室 言葉の森準拠
鎌倉、逗子、葉山、横須賀エリアにて個別教室開講中
詳細はお問合せ下さい。
その他SKYPE授業、電話授業対応しております。
海外在住者もお気軽にお問合せ下さい。

お問合せ、体験授業希望の方は、こちらをクリック

2018年1月27日土曜日

ゲームも勉強もメリハリつけて

★湘南作文小論文教室は、30年以上続く定評のある作文教室「言葉の森」に準拠した教室です。

 朝日小学生新聞では、土曜日の記事として、天声人語があります。記事を読み、宿題を提出、すると翌週にはみんなから届いた意見が掲載されており、楽しみにしている小学生も多いのではないでしょうか。

 さて、先週の天声人語は、「ネット・ゲームとの付き合い方」についてでした。家庭でのルールや、やりすぎないようにする標語を考える宿題でしたが、標語には、

 「ゲームも勉強もメリハリつけて」(2018年1月27日(土)、朝日小学生新聞より引用)

というものがありました。
 確かにどちらもダラダラしているのはいい結果に結びつかないですね。勉強の場合は、長い時間やったつもりが、まったく頭に入っていない、遊びの場合は、結局怒られる(笑)などなど。時間を決めて、集中をして遊んだり勉強をしたり、何事も習慣を付けることができるといいですね。

 作文も同じです。途中まで書いたけれど、続きはまた明日にしてしまうと、結局書かずに一週間が過ぎてしまいます。

 何事も「よしやるぞ!」と気合を入れ、あともう少しやりたいな? というところでやめておくのがベストではないでしょうか。

 私の食欲も、同じだと気づいた土曜日の朝でした。(^^♪


=====
湘南作文小論文教室
授業は全てOnline作文教室 言葉の森準拠
鎌倉、逗子、葉山、横須賀エリアにて個別教室開講中
詳細はお問合せ下さい。
その他SKYPE授業、電話授業対応しております。
海外在住者もお気軽にお問合せ下さい。

お問合せ、体験授業希望の方は、こちらをクリック

2018年1月6日土曜日

文京区「千石作文教室」の紹介

★湘南作文小論文教室は、30年以上続く定評のある作文教室「言葉の森」に準拠した教室です。

 明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
多くの学校は、来週の火曜日から新学期が始まるのではないでしょうか。まだまだ寒い日が続きますが、3月まで乗り切ってまいりましょう。

 さて、今日は嬉しいお知らせです。言葉の森のベテラン講師が、東京都文京区千石に個別指導の作文教室を開講しました。4月からの新学年に向け、今から準備しておくといいと思います。
 お近くの方で興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

 千石教室のホームページは、こちらをクリックしてください。



 そして、湘南作文小論文教室でも新学期がスタートしています。
こちらも個別指導となっておりますので、鎌倉、逗子、葉山、横須賀エリアにお住まいの方は、お問い合わせください。

=====
湘南作文小論文教室
授業は全てOnline作文教室 言葉の森準拠
鎌倉、逗子、葉山、横須賀エリアにて個別教室開講中
詳細はお問合せ下さい。
その他SKYPE授業、電話授業対応しております。
海外在住者もお気軽にお問合せ下さい。

お問合せ、体験授業希望の方は、こちらをクリック